費用はいくら?債務整理をスムーズに行う【経験豊富な法律事務所を選ぶ】

記事リスト

減額される金額が高額

説明

個人再生の相場

債務整理で一番多く利用されている手続きは任意整理です。過払い金が発生している場合に、借金の減額ができるだけでなく将来発生する利息をカットして分割または一括で返済をしていくことができる手続きです。ただし、条件としては一定以上の収入があり減額された借金を原則3年長くても5年以内に完済できることが条件です。減額されたとしても返済が難しい場合は他の債務整理を考える必要があります。過払い金を計算したら発生している金額が少なくさほど減額ができない場合に向いているのが個人再生です。個人再生も同様に減額された借金を3年〜5年以内に返済する手続きです。減額できる借金の金額は任意整理と比べると高額なので、大幅に借金額を減らすことができます。ただし、保有している財産を処分しなければならないです。財産を処分するといっても住宅など生活に必要なものは残したまま債務整理をすることができます。個人再生で債務整理をする場合に費用の相場ですが、30万円〜50万円程の費用がかかります。任意整理は弁護士が代理となって裁判所を介せずに債権者と交渉する手続きですが、個人再生は裁判所を介した手続きとなりますので、弁護士費用だけでなく裁判所への実費がかかります。個人再生の裁判所実費としては、収入印紙代、官報掲載代、郵便切手代などがかかります。また、個人再生委員への報酬がありますが、これは弁護士に依頼した場合にはかからない費用になります。