費用はいくら?債務整理をスムーズに行う【経験豊富な法律事務所を選ぶ】

記事リスト

実質無料で依頼できる

男性と女性

残高有りの人の過払請求

毎日見ない日はないというくらい法律事務所の過払い金CMが放送されています。過払い金請求の案件は、勝ちやすいので多くの弁護士が群がっており過払い請求バブルが未だに続いています。過払い金請求の手続きに関しては、着手金や相談料の費用を無料にしたり、計算も無料で行っている法律事務所もあるなど他と差別化するために客の取り合いとなっています。広告を見て勘違いしやすいのが、費用が実質無料である点です。過払い金請求は、本来は完済をしてから行う債務整理の手続きですが、現在返済中で借金残高がある状態でも行うことができるのです。完済をしてから行う場合、成功報酬が20%であると貸金業者と交渉した結果100万円の過払い金が戻ってきたら20万円が成功報酬として支払う費用です。取り戻した過払い金から支払うので手元から出ていくお金はないので実質無料となるわけです。ところが、過払い金請求でも注意書きやかっこ書きで債務整理の場合は1社いくらと書かれているケースがあります。借金残高がある状態では、過払い金を計算したところ支払い免除つまり債務不存在で和解、または一部債務免除の減額となる場合は、過払い金請求ではなく任意整理となるのです。つまり、借金残高がある状態では過払い金請求であると同時に任意整理の手続きでもあるのです。残高がある状態の方でも過払い金請求ができますと謳っている事務所の場合、過払い金請求なのか任意整理なのか混同してしまいがちです。広告に惑わされないように、初回無料相談などで費用はどれくらいかかるかなどを質問してみるとよいです。