費用はいくら?債務整理をスムーズに行う【経験豊富な法律事務所を選ぶ】

記事リスト

借金が無くなる

貯金箱

自己破産の相場とは

自己破産とは、借金の全額が免除される手続きです。貸した側にとってみれば、お金が返ってこないことになりますので多大な損失となります。債務者が得して債権者が損をする債務整理の手続きなのですが、だからといって免責後も取立にくるということはないです。免責が認められているにもかかわらず債権者が取り立てると罰せされることになります。自己破産の考え方としては、債務者の返済能力も考えずに貸したのが悪い、調査不足ということです。借金を返済しなくていい、法律でそのようになっているので安心して今後の生活を再スタートすることができます。では、自己破産で債務整理を行う場合ですがメリットだけでなくデメリットもあり、官報に掲載される信用情報にも登録されるので7年間は新たな借り入れができなくなります。官報とは政府の広報誌のようなものであり、一般の人で見ている人は少ないです。その他にも資格制限といって一定の職業に就くことができない、財産を手放さなくてはならなくなります。この債務整理を行う場合に費用ですが、弁護士に依頼すると30万円〜50万円程の費用がかかります。30万円〜50万円と十万円単位で費用に差が開く理由としては、同時廃止になるのか管財事件になるのかによっても異なります。同時廃止事件は、処分する財産が少ない場合に行うことができます。一方、管財事件は手続きが複雑であるためか同時廃止よりも債務整理の費用が高額になります。